(05)春の風

雨が降る日に意外と寒くないなと思ったら、だいぶ春が近づいてきている。

こういうじわじわとした変化は、人や社会の中にもあって、

その価値の割に数値化を諦められがちだと思うけど、

感性を開いたり、確率論で捉えたりすれば、やれることもあるんじゃないかと思っている。

私がワナビーのサイコロジストは、そういう黄金の指標を泥の中から掘り出して、

みんなが使えるように整える機能を果たす。

 

人事異動の噂もちらほら、

前倒しで遠くに行ったり、あるいは退職する人のはなしを聞く。

わたしはわたしでじっくり考えることが必要だが、人のはなしも聞いてみたい。

そういう取り組みを、ていねいに始めてみようと思っている。

3月の休日に、去年うちの職場を去ったひととお茶をする。

キャリアのトランジット。続ける選択にも深みを込めたい。

外から見てわかる必要なんかないけど、わかる人とは分かち合いたい。